家

併用住宅を建てる人が急増中|住まいと家賃収入を同時にゲット

注文住宅を建てる場合

一軒家

岡山で一戸建て住宅を建築する場合には、工務店で建てるパターンとハウスメーカーで建てるパターンがあります。工務店を選んだ場合には、メーカーの保証がしっかりと付いているパターンと付いていないパターンがありますので、好みで選ぶと良いでしょう。

読んでみよう

自宅を建て家賃収入を得る

住宅

3つの魅力的な特徴

老後不安の広まりと伴に、併用住宅に人気が集まっています。自宅と賃貸住宅を併設した併用住宅には、主に3つの特徴があります。1つ目の特徴が、家賃収入を得られることです。安定した家賃収入を毎月得られるため、私的年金として利用できます。また、得た家賃収入で住宅ローンを返済できるため、住宅ローン負担を大きく軽減できます。毎月の住宅ローン返済額より家賃収入の方が多ければ、住宅ローンの負担額を0円にできます。2つ目の特徴が、節税対策ができることです。住宅ローン減税が適用されるほか、減価償却費などで所得税を節税できます。また、相続税対策にも非常に有効です。3つの特徴が、二世帯住宅への転用が容易なことです。自宅部分と賃貸住宅部分は独立しているため、リフォームやリノベーションをすることなく二世帯住宅へ転用できます。

2つのことに注意しよう

3つの特徴を持つ併用住宅を建てる際には、2つのことに注意をすることが重要です。1つ目の注意点が、事業として考えることです。賃貸経営を成功させるためには、資金計画を立てる必要があります。また、賃貸需要を把握するほか、入居者ニーズに則した建設プランを考えなければなりません。安易に考えず事業として考えることで、併用住宅の魅力の恩恵を受けられます。2つ目の注意点が、管理会社を厳選することです。賃貸住宅部分の入居者募集を行うためには、管理会社に依頼する必要があります。また、入居者との契約や対応なども、管理会社に頼らなければなりません。高い入居率を維持するためにも、トラブルのない賃貸経営を行うためにも、信頼できる管理会社と管理契約を結ぶことが重要です。

自由設計が魅力です

インテリア

横浜には複数の住宅展示場が在り、これから注文住宅で家づくりを始めたい人などにお勧めです。注文住宅はオーダーメイドでの家づくりであり、イメージを作り上げた上で、設計図を作り上げ、形にしていくことになります。住宅展示場のモデルハウスはイメージを作る時にも役立ちます。

読んでみよう

住宅を建てる場合

女性

京都で注文住宅を建築する場合には、まずどのようなコンセプトで建築をするかを決めておく必要があります。それを前提にしてそれ専門の住宅建築業者を選ぶ必要があります。もし、狭小住宅を建てる場合や和風住宅を建てる場合は坪単価が高くなります。

読んでみよう