間取り

併用住宅を建てる人が急増中|住まいと家賃収入を同時にゲット

住宅を建てる場合

女性

まずは方向性を決める

京都市で注文住宅を建てたいとすれば、まずは住宅業者を選ぶことが大事になります。住宅業者の選び方さえ間違えなければ、注文住宅の建築はほぼ成功したと言えます。住宅業者を選ぶ場合には、どのような住宅を建築したいかを明確にすることが大事になります。例えば、京都市の中でも田舎の場合には十分に土地が余っていますので、広めの住宅を建てることが出来るため、様々な種類の注文住宅を選ぶことが出来ます。一方で、京都市街地の場合には地価が高いため十分な土地を確保することが難しく、狭小住宅を建てるしか方法がないところもあります。おおよその住宅のデザインや方向性が決まったら、そこで初めて住宅建築業者を選びます。住宅建築業者でも何を得意としているかによって異なります。

坪単価を気にしよう

狭小住宅を建てる場合には、実は大きな住宅を建てるよりも坪単価が高くなりやすいので注意が必要になります。なぜなら、細かな部分を微調整して行かなければならないからです。例えば京都市の田舎に40坪の土地に注文住宅を建てる場合と、下京区辺りの10坪の土地に住宅を建てる場合には、10坪の方が住宅に必要な機能を無駄なく取り付ける工夫が必要になり、細かいスペースもすべて有効活用しなければならなくなるのです。では、京都らしく和風住宅を建てる場合はどのような問題点があるでしょうか。和風住宅を専門に建てることが出来る業者が少ないことや、費用がかかってしまう点が問題になります。例えば、壁も土壁にしたり、茶室を作るなどのこだわりを入れる程坪単価が高くなる点は特に注意が必要です。